社会問題の是正策|スイスイ業務が捗る会計システムの導入|画期的な方法がある

スイスイ業務が捗る会計システムの導入|画期的な方法がある

大勢の人

社会問題の是正策

メンズたち

過労死を未然に防ぐ

ストレスチェックは2015年12月に50名以上の社員を抱える事業所に義務付けられたチェックです。しかし開始が年末である事などにより事業者側も労働者側もストレスチェックに対して消極的な意見が多くなっています。ストレスチェックの義務化は、過労死などが社会問題となっており、症状が軽い状態のうちに何かしらの改善策が必要であるとのことで開始されているものです。ストレスは自覚症状がある場合とない場合があります。自覚症状がない場合は特に危険性が高く、メンタル面のフォローをしないと過労死などに気づかぬまま至るケースもあるのです。そのためできる限り労働者全員のストレスチェックを行うべきなのです。企業側も労働者側もこれを理解すべきなのです。

明確なルール作り

ストレスチェックは複雑なルールであることも否定的な意見になっている要因となっています。簡易的なストレスチェックを行うためにメンタルチェックを取り入れることを何度か提言してきましたが、いずれも受け入れられずに終了している経緯があります。メンタル不調は他のメンバーに与える影響も懸念されています。これは社会問題になりながらもまだ他人事である人が多いためです。そのためストレスチェックを開始する前に企業として従業員のストレスチェック状況を把握し、前向きに完全することを認識しておかなければならないのです。また産業医の取り組みも必要です。産業医の役割としてストレスチェックの結果をもとに改善策を立てることも求められているのです。