取引している間は管理必要|スイスイ業務が捗る会計システムの導入|画期的な方法がある

スイスイ業務が捗る会計システムの導入|画期的な方法がある

大勢の人

取引している間は管理必要

男性と女性

契約時だけでは不足

債権管理の最も有効な方法は与信管理です。取引する相手方の会社のキャッシュフローを確認したり、資本金額や負債額の内容を見通し、契約しても滞りなく支払いが成されるかを事前にチェックする事です。そのため多くの会社では契約時に与信管理を行う事が多くなっています。しかし債権管理の上では、与信管理は契約時のみではありません。定期的に与信管理を行いその会社の経営状況をウォッチする必要があるのです。しかしながら与信管理は契約時のみにしか行っていない会社が多く、長い間契約している場合には債権管理なされいない状態と同じになっているケースが多くなっているのです。結果貸し倒れのリスクが高くなり、自社の経営状態も悪化させる要因にもつながるのです。

与信管理は担当営業が行う

債権管理は経理担当や財務担当が取引先の状況をウォッチしています。しかし財務上のデータが公表されてからでは遅いことも多くなっています。多くの債権者が押し掛けるとその会社の経営はさらに悪化します。そのため常時行う与信管理は担当営業マンが責任をもって行う事が大事なポイントになります。担当営業は日頃から会社を見回っています。その段階で不審な行動や日常と異なっている様子は察知することができるのです。その段階でしかるべき部署に報告することで大事に至らずに済むケースも多くなっています。債権管理の基本は取引先を常日ごろからウォッチし、異常な行動を見逃さないようにすることが最も大事なポイントになります。社員への意識づけも大事です。